開張足 治療

整形外科に行っても治らない!?

整形外科に行っても外反母趾が改善されない理由

 

整形外科等に行っても、手術を必要とする重度の外反母趾以外は、

 

「このまま様子を見てください」

 

「グーパー運動やタオルつかみを自分で行ってください」

 

と指導されるだけで、それ以上対応してもらえる病院は少ないのが現状です。

 

 

 

対応してもらえたとしても、電気治療や、インソールを制作して経過観察をする程度なので、

 

とても改善につながる結果を残す事はできません。

 

 

なぜ、整形外科は、このような対応しかできないのか?

 

それは、

 

外反母趾の治療を“手術の適応であるか否か”という基準

 

でしか判断しておらず、手術以外の治療法については、積極的に行うという考え方がないから。

 

 

驚きますよね?

 

 

足の専門医で構成されている学会の外反母趾関連の研究発表でも、

 

手術方法に関する発表がほとんどを占めています。これが、外反母趾に対する足の専門医の

 

認識ですから、一般の整形外科に手術以外の治療を望んでも、

 

なおさら無理なことなのです。

 

 

 

正しい治療法を知っているか知らないか、

 

つまり、その日から“悪い歩き方”を“正しい歩き方”に変えるだけ、

 

たったそれだけの事なのに、効果的な治療を受ける事ができずに、

 

手術が必要なまで悪化させてしまうのは非常に残念です。

 

 

 

 

--------------------------------------------------------------

 

 

『今日の独り言』

 

 

先日は地元地区の一斉清掃でした。毎年年に2回この集まりがあるのですが、

 

はっきり言って面倒です。およそ1時間袋と手袋を持って2、3キロ歩きゴミを拾います。

 

歩道も一部整備されてないし、朝からゴミ拾いしてる姿を知り合いに見られたくないし・・

 

 

ところが欠席すると罰金1500円も取られるんですよ。普通300円位ですよね??

 

どんな事情があろうとその罰金を払わないといけないところも、どうかなと思います。

 

しかも、この罰金の使い道は、年始の会合でのお酒の飲み代になります・・。

 

もう、何が何でも参加するしかありません^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ